インフルエンザ薬の添付文書と空気感染について

インフルエンザが流行るシーズンになると、過剰にウイルスに反応してしまうひともいますが、まず第一にインフルエンザウイルスは空気感染はしないものなので、同じ空気を吸うだけでは感染することはありません。インフルエンザウイルスは飛沫によって感染するものなので、いちばん注意したいのは他人のくしゃみです。くしゃみなどから飛沫感染するとなるとマスクをしていれば安全なのかというとそうとも言い切れず、マスクをつけていたとしても完全に飛沫感染を防げるわけではないので、油断しないことが重要です。 空気感染をしないウイルスとはいえ、いつまでも締め切ったままのお部屋で生活をするのもよくないので、インフルエンザが流行るシーズンは冬ですがたまには窓を開けて喚起をしてあげることもたいせつです。そして、空気感染はしないウイルスでも、衣服やふとん、家具などについたウイルスからインフルエンザになってしあむこともあるので、家族にインフルエンザになったひとがいて、数日間寝込んでいたふとんがあるときには、もう回復したからといって安心するのではなく、除菌スプレーをかけたり、天日干しをするなどしてしっかりウイルスに対処することが大事です。 また、インフルエンザシーズンが来ると、予防接種を受けたりすることもありますが、インフルエンザワクチンにも副作用があります。ワクチンの添付文書などをわたしたちがチェックする機会はあまりありませんが、最近では添付文書をインターネットで見ることができるので、あらかじめ添付文書に目を通しておいて、副作用とみられる症状について確認しておくことはとくに小さい子供がいる家庭の保護者のみなさんにはおすすめです。
Read More