インフルエンザの空気感染とは何かと飲酒について

インフルエンザが広まっていく多くは、飛沫感染におるものだとされています。空気感染もありますし、接触感染なども考えられます。空気感染とは、空気にウイルスが一緒に飛び、それが人へと感染していくものです。飛沫核と呼ばれることもあります。空気によってインフルエンザウイルスの感染が起こりますから、室内では空間の空気の状態をクリーンに維持するのが得策です。 インフルエンザの発熱時には、飲酒は控えましょう。せっかく室内をキレイな空気環境にしても、飲酒をしては体に良くありません。アルコールは水分ではありますが、ミネラルウオーターのようなピュアな水分ではありません。体内へアルコールを入れると、水分チャージどころか、体内の水分を奪う働きがあります。細胞というのは乾燥した状態だと、余計にウイルスも感染しやすくなります。 アルコールに関して言えば、眠れないからといって、お休み前に飲酒をするケースはよくあることです。殺菌作用があるからという、都合の良い理由で飲むことも、あるかもしれないです。しかしウイルスというのは、そんなにカンカンな場所では活動していません。喉とか花などの奥の部分の細胞に潜んでいるものです。ですから、アルコールで殺菌という考え方は、表面だけへの対処となり、根本的な対処とはならないです。 ですが、飲酒は全くダメということもなく、タイミングを見ながらになります。インフルエンザに感染してからの一般的なスケジュールとしては、熱が下がり始めるのは、4日目くらいからです。そこからこんどは体外へと、ウイルスを排出する時期に入っていきます。この時期くらいになってくると、多少であればアルコールの摂取もできるようになります。
Read More