ウイルス感染の予防方法

ウイルス感染によって起こる病気は多くありますが、どうしたら予防できるのか、その予防方法について知ることは重要です。 ではウイルスの主な感染経路はどんなものがあるのでしょう。 まず飛沫感染です。 咳やくしゃみによって病原体が飛散することで他人に感染します。 代表的なのはインフルエンザです。 予防するには、マスクなどをして病原体を拡散させないことと体内に入れないことが必要です。 つぎに経口感染です。 汚染されていたり病原体を含んでいたりする水や食べ物を口にすることで感染します。 主なものはA型肝炎やサルモネラなどです。 それ以外にも、接触感染や空気感染なども考えられます。 いずれも手洗いやうがいをすることが、感染予防においては重要となります。 外から帰ったとき、食事の前など、正しい手洗いでウイルス感染を予防しましょう。 マスクにも感染予防の効果があります。 また感染者の吐しゃ物の処理などはビニール手袋を使い二次感染を防いでください。 予防接種を受けるのもいいでしょう。 日本脳炎や水疱瘡など様々な病気に対して予防接種があります。 万が一、何らかのウイルスに感染した可能性がある場合は、できるだけ隔離して二次感染を予防してください。
Read More

世界中で猛威を振るうウイルス感染

エボラ出血熱はエボラウイルスが引き起こす感染症で、おもにアフリカ西部にみられましたが、有効な治療法がありません。 致死率が非常に高く、感染した人を隔離するしか手段がありません。 それでも、海外渡航歴のないアメリカ人男性が感染し、しかも気づかれないまま過ごしていたということで、エボラ出血熱が遠からず世界中に蔓延し猛威を振るうと懸念されています。 感染のスピードが速いことも脅威の一つで、一説ではひと月ごとに倍に増えるといわれています。 ウイルス感染といえばインフルエンザが一般的ですが、人間にとって最も危険なのはA型とB型です。 インフルエンザは1918年から19年に世界中に蔓延し猛威を振るったスペイン風邪が有名です。 死者は4000万人から5000万人と言われています。 これは豚由来のウィルスによる感染症です。 現在は世界150か国でインフルエンザの監視を行っています。 インフルエンザのワクチンはウイルスの型によって違います。 世界中でどの型が流行るのか予想することで、現在ではかなり高確率でインフルエンザの型がわかり、ワクチンで予防することができるようになりました。 鳥インフルエンザも世界中でみられる感染症となりました。 野生の鳥だけではなく、家畜の鳥から人間に感染していくものです。 このウイルスが人から人に感染するものに変化することによって世界中に猛威を振るう感染症となることが懸念されています。
Read More