インフルエンザ患者に行われる治療とは

インフルエンザはウイルスに感染することで発病し、日本では空気が乾燥した冬季に毎年発症例が多くなります。
そして通常の風邪とは異なり、急な高温の発熱や筋肉痛など全身に症状が現れ、場合によっては肺炎など合併症を併発して死に至ることもあります。
その為厚生労働省ではシーズン到来前に予防注射を勧めていますが、実際に感染した場合には速やかに医師の診断を受け、インフルエンザ 治療を行う必要があります。
その治療では感染のスピードから48時間以内に適切に対処することでインフルエンザウイルスの増殖を薬物投与することにより抑えることが可能となっています。
具体的な治療法は、まずインフルエンザウイルスの感染が疑われる場合専用の検査キットを用いて感染の有無及びA型或いはB型の種類を判別し、この結果に従い適切な薬物が処方されます。
そして、薬物は早く摂取すればする程効果があるとされており、薬の種類にも幾つかあります。
その中の1つにリレンザがあり、これはインフルエンザ治療薬として広く知られるタミフルと同様にA型・B型ともに有効な薬です。
そして、タミフルと異なる点は以前世間でも話題になったタミフルを摂取したことで突然異常な行動を起こすという危険な副作用がないことが挙げられます。
これによりタミフルのように年齢により処方の差し控えがなく多くの方に利用することができます。
リレンザの摂取はタミフルのような腸から吸収され全身に至る錠剤ではなく、吸引により直接感染した患部の治療を行います。
そのため呼吸器系に問題がある方には使用できないこともあります。
また、リレンザはA型・B型ともに効果のある薬ですが、C型のインフルエンザウイルスには効果がないとされています。